*

アナと雪の女王の「Let It Go」で英会話力アップ!【Rの法則】

公開日: : 最終更新日:2014/08/06 洋楽で英語の勉強

medium_6707982479

英語を自分の好きなことと一緒に勉強できたらいいと思いませんか?

6月16日に放送された「Rの法則」が、アナと雪の女王の「Let It Go」で英語の発音力とリスニング力を身につけるという企画をやっていました。

ディズニーが好き、アナと雪の女王が好きで英語を勉強したいと思っている方には是非見てもらいたい内容でした。

また、英会話力をアップするに当たって重要なポイントが紹介されていたので、ここで紹介していきたいと思います。

photo credit: Nina Matthews Photography via photopin cc

「Let It Go」を聞く

YouTubeのディズニー公式チャンネルが動画をあげているのでそれを使って説明していきます。

サビの部分を使います。1分4秒あたりからがサビです。

このサビの部分の聞こえてきた歌詞をカタカナで書きだしてから、この先を読むとより理解が深まるかもしれません。なお聞こえてきた歌詞を書き出す際は歌詞を一切見ないようにしてください。

英語の文字と実際の読み方は違います。カタカナで書きだすことで聞こえる音に集中することができます。

例えば、Let it goは「レット イット ゴー」と文字通おり発音されるわけではありません。実際の発音は異なります。そこを意識することが大切なのです。

それを踏まえうえで次の英会話力アップの3つのルールを見ていきましょう。

 

英会話力アップのための3つのルール

連結

いきなりですが、以下の2つに共通することはなんでしょう。

Can’t hold it back any more

このhold itとback anyという部分にはどのような共通点があるかわかるでしょうか?

2番目の単語が両方とも母音で始まっていますよね?このような場合、その前の単語と音がつながるのです。

hold itであれば「ホーディッ」になり、back anyは「バッケェーニー」となるのです。

「Let It Go」の歌詞の中には他にも「turn away」という言葉が出てきますが、これも前と後ろの単語の音が繋がり、「トゥアナウェイ」のように発音されます。

これが「連結」という現象です。この「連結」が英語を話す際、聞く際の重要なポイントの1つとなります。

 

タダラのルール

次はLet it goという部分の発音に注目してみてください。

なんと聞こえますか?

おそらく、「レリゴー」もしくは「レディゴー」と聞こえるのではないでしょうか?

なぜそう聞こえるのか?、それが英会話の重要なポイントになってくるのです。

例えば、get upを早口で言うと、「ゲダップ」「ゲラップ」となります。これと同じなのですが、どこが共通しているのかわかりますか?

「t」の部分に注目してください。「t」というのは日本語でいうなら「タ行」の音です。しかし、Let it goとget upの「t」は「タ行」ではなく「ダ行」もしくは「ラ行」の音になってしまっているのです。

英語では母音に挟まれた時の「t」はいい加減に発音されるため「ダ行」「ラ行」の音になってしまいます

betterは「ベター」ではなく「ベダー」「ベラー」のように、butterは「バター」ではなく「バダー」「バラー」のように発音されます。

これを「タダラのルール」ということにします。

これに関しては別記事で詳しく説明しているのでそちらをご覧ください。
「Let it go」はなぜ「レリゴー」と聞こえるのか?[アナと雪の女王]

これを意識しているだけで、リスニング力は大幅に変わってきます。これが2つ目のポイントです。

 

ちっちゃな「ッ」のルール

次の歌詞を聞いて発音されていない文字を探してみてください。

Let it go Let it go
Can’t hold it any more

itの部分に注目して聞くと、「t」が発音されていないことがわかると思います。

英語の語尾の「t」は日本語のちっちゃな「ッ」のような音に聞こえるのです

単語の語尾が「t」以外にもck・d・g・p・bなどで終わる場合、その音はほとんど発音されません。

例えば、hot cakeであれば、「t」がちっちゃな「ッ」のようになります。

hip hopも「ヒッホッ」のようになります。

これを意識するだけで、かなり発音がよくなります。

 

以上の3つが英会話力アップのための3つのルールです。

英語を話すとき、聞くときはこの3つのルールを思い出し、意識しましょう。それだけで、なんて言っているのかわからなかった単語がわかるようになったり、伝わらなかった言葉が伝わるようになったりします。

アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション- (2枚組ALBUM)

英語を身につけたい人必見!
英語を確実に身につけるための3つのステップ【英語勉強法】

このサイトでは英語の雑学や勉強法など様々な情報を配信しています。下記リンクよりどうぞ。
英語の雑学
英語の勉強法
TOEICイディオム
英語の発音

DMM英会話

関連記事

medium_6273100080

One Directionの「What Makes You Beautiful」ってどういう意味?

最近とても人気なOne Directionですが、 今回はそのOne Directionの

記事を読む

medium_6895872661

『アナと雪の女王』の主題歌「Let It Go」ってどういう意味?

ディズニーの最新作で現在大ヒット上映中の『アナと雪の女王』 その主題歌である「Let

記事を読む

snow

「Let it go」はなぜ「レリゴー」と聞こえるのか?[アナと雪の女王]

アナと雪の女王の主題歌「Let It Go」が「レリゴー」と聞こえるということから「レリゴー

記事を読む

DMM英会話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

http, httpsは投稿できません。

DMM英会話

medium_6736940485
Kindle英語関連書籍が3/26までお得!講談社「スタートダッシュ!English!」キャンペーン!

現在AmazonのKIndleストアで講談社の英語関連書籍がお得になる

toeic-score
12月14日のTOEICテストの結果が本日(1/6)からWebで先行公開

12月14日に行われたTOEIC公開テストの結果がTOEIC

toeic-score
11月23日のTOEICテストの結果が本日(12/15)からWebで先行公開

11月23日に行われたTOEIC公開テストの結果がTOEIC

medium_6736940485
Kindleの新機能「Word Wise」で英語学習が捗る!

amazonの電子ブックリーダーの「Kindle」に新機能「Word

kindle
英語参考書を買うなら今がチャンス!Kindle年末年始セールが凄すぎる!

現在、amazonが「Kindle本 年末年始大のセール」を開

→もっと見る


  • follow us in feedly

PAGE TOP ↑