*

英語脳とはなにか?英語脳の必要性と勉強法について

公開日: : 英語の勉強法

medium_4988915427

日本人のほとんどはネイティブの小学生よりも英会話力が低いと言われています。

英語を話そうと思ったとき、簡単な言葉ですら長考をしなければ出てきません。「文法は正しいのか」とか「単語はなにを使えばいいんだ」といった疑問が頭をかすめ、英語が出てくるまでに時間ががかかってしまいます。

ネイティブは文法を気にしたり、単語で悩むということはありません。私たちが日本語を話すときほとんど文法を意識していないのと同じです。ネイティブは瞬間的に英語を理解し、つくる回路が頭の中に出来上がっているのです。

ネイティブに近い脳の使い方ができれば、今よりも日本人の英語力は伸びるはずです。

そのためには「英語脳」をつくっていく必要があります。

ここでは「英語脳とはなんなのか」「英語脳の必要性」「英語脳をつくるための勉強法」について説明していきたいと思います。

photo credit: dumbledad via photopin cc

英語脳とは

英語脳とは簡単に言ってしまえば「英語を英語で理解できる状態」のことです。

日本人は英語を使うときにどういった脳の使い方をしているでしょうか。駅で外国人に話しかけられたとします。

外国人「Excuse me. How can I get to Harajuku?」

・相手の言ったことを日本語に訳す。→「どうやって原宿にいけばいいですか?」

・返答を日本語で考える。→「山手線に乗ればいいですよ」

・返答を英語にする→「Take the Yamanote line」

英語が実際に出てくるまでにこのような脳の使い方をするはずです。

<英語を聞く → 日本語に訳す → 返答を日本語で考える → 日本語を英語にする → 英語が出てくる>

おそらく多くの日本人がつまづいてしまうのが「日本語に訳す」という部分と「日本語を英語にする」という部分です。この部分でわからなくなるか、もしくは時間をかけてしまいます。この状態では英語でスムーズな会話をするのは難しいでしょう。

 

では日本語で会話をするときの脳の使い方を考えてみましょう。

日本人「原宿へはどうやっていけばいいですか?」

・意味を理解

・返答を考える→「山手線に乗ればいいですよ」

これで終わりです。

つまり

<日本語を聞く → 日本語を理解 → 返答を考える → 日本語が出てくる>

という流れになっているはずです。この日本語の部分を英語にしてみましょう。

<英語を聞く → 英語を理解 → 返答を考える → 英語が出てくる>

これが英語脳の状態です。ネイティブはこの状態です。

 

こんなことできるはずがないと思うかもしれませんが、日本人でもこの英語脳ができているときがあります。

「How are you?」と聞かれたら「I’m fine」とすぐに答えられますよね?このとき「How are you?」の意味を日本語で考えているでしょうか?返答を日本語で考えてから英語にしているでしょうか?おそらく反射的に「I’m fine」という言葉が出てきているはずです。これはある意味英語脳の状態です。

この脳の使い方(英語脳)が日常的にできれば、英語力(4技能)は劇的にアップします。

 

英語脳が必要な理由

英語脳をつくることは英語の4技能(リーディング・リスニング・ライティング・スピーキング)すべてに良い影響を与えます。森沢洋介さんという英語界では有名な方のサイトに次のようなことが書かれています。

英語を習得するためにまずやるべきことは、英語の基礎回路を作ることです。私の教室では、英語を学ぶ目的がどのようなものであろうと、この基礎回路作りから始めます。英語の回路ができるというのは、英語を言語として受け入れ、瞬間的に文構造を把握し、意味を理解することができ、また英語の文法・構文にしたがって瞬間的に英文を作る能力を獲得することを意味します。この回路が無くては、英語のリスニング、会話、速読は不可能です。
英語上達完全マップ

英語脳は森沢さんが言っている「英語の基礎回路」と非常に近いです。つまり英語脳をつくることが英語学習をする上で非常に重要なのです。英語脳が4技能にどう影響してくるのか見ていきましょう。

 

リーディングの読解スピードが上がる

英文は後ろから訳していけとよく言われます。一回まず英文をすべて読み、そして、後ろから前に向かって日本語に訳していく人が多いはずです。しかしそれだと二回以上は英文を読まなければなりません。英語脳を鍛えれば日本語で理解する必要がないため、頭から読みながら英文を理解できるようになります。一つの英文にかける時間が縮まり、読解スピードが上がるというわけです。

リスニングで英文を瞬時に理解できるようになる

リスニングができる人は音をしっかりと聞きとれ、なおかつ瞬時に意味を理解できる人です。この瞬時に意味を理解するためには英語脳が必要となってきます。英語をすべて日本語で理解しようとすると処理が音声に追いつきません。英語をきいて英語のまま理解できるようになればリスニング力は一気に伸びます。

ライティング・スピーキングで言いたいことが瞬時に出てくる

ライティング・スピーキングができない人は英文を頭の中で組み立てるのが遅いもしくはできないのです。外国人に挨拶をするとき何も考えなくても「Good morning」や「Hello」という言葉は出てくると思います。これと同じ感覚で日常的にスピーキングができるようになればいいのです。そのために必要なのが英語脳なのです。

 

英語脳の作り方

肝心なのは英語脳をどうやって作るかです。いくら英語脳がすごくてもつくれなくては意味がありません。

英語脳はそう簡単につくれるものではありません。長期的に訓練をしていく必要があります。

ここでは英語脳をつくる3つの方法を紹介していきます。

瞬間英作文

瞬間英作文は日本語を見て、即座に英語にするトレーニングです。中学レベルでの文法や語彙を使ってつくれる文を大量につくっていきます。それをひたすら繰り返し、文章もすこしずつ難しいのに移行していきます。そうすることで頭の中に英文を瞬時に組み立てられる回路ができあがっていきます。下記の「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」という本が有名です。詳しくは「英会話上達のための勉強法「瞬間英作文」とは?」をご覧ください。


どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

カランメソッド

カランメソッドとは世界中の学校が採用している英語の学習方法です。日本ではいくつかのオンライン英会話スクールがこのメソッドを採用しています。講師がおなじ質問を2回し、生徒はその質問にフルセンテンスで答えるというものです。たったこれだけですが、絶大な効果があります。講師は文法や発音を厳しくチェックしており、生徒が正しく答えられるまで同じ質問を繰り返します。これをずっと行うため生徒は日本語でなにかを考えている暇はありません。英語で質問に答え続けなければならないのです。これを長期的に行うことで英語脳が鍛えられていきます。詳しくは「英語を英語で理解する「英語脳」をつくる「カランメソッド」とは?」をご覧ください。

音読

音読は英文を実際に声に出して読んでみることですが、軽視されている方が多い印象を受けます。しかし、音読は非常に効果的な英語勉強法であり、英文をしっかりと理解しながら音読をすることで英語を英語のまま理解する力がつきます。トロイ遺跡を発掘したことで有名なシュリーマンは18ヶ国語を話せたと言われています。その彼が外国語を勉強する上で重視していたのが音読です。音読には様々な方法があります。「リピーティング」「シャドーイング」「オーバーラッピング」など。単に声に出して読めばいいというわけではないのです。音読に関する詳しい解説が載っているのが「音読パッケージ」という本です。Amazonの「なか身!検索」で最初の数十ページを読めるので気になった方は是非読んでみてください。(amazonへのリンクは下記)


みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング(CD BOOK)

 

まとめ

英語の4技能すべてを底上げしてくれるのが英語脳です。英語が苦手な人でも得意な人でも関係なく英語脳は鍛えることができます。ただし、長期的な訓練によって身につくということを忘れないで下さい。もし英語脳をつくりたいのであれば、数ヶ月〜1年ほどの訓練をするつもりで臨みましょう。また英語脳を作っていく上で中学英語レベルは理解している必要があるので、中学英語がわからないという方は中学英語の復習から始めましょう。オススメの参考書などを下記の記事で紹介しているので参考にしてみてください。
中学英語(文法)をやり直す人にオススメの参考書3冊

DMM英会話

関連記事

brain

英語を英語で理解する「英語脳」をつくる「カランメソッド」とは?

「英語脳」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? これは「英語を日本語で考えず英語で

記事を読む

study

英語の勉強を始める前に読んでおきたい!おすすめの記事10選!

英語の勉強を始めようと考えている方、もしくはすでに始めている方は多いのではないでしょうか。

記事を読む

meeting

ビジネスマン必見!ハーバード大学MBAが語る「英語学習法」

英語の勉強法は数多く存在しており、それぞれどこに重点を置くのか異なっています。 発音に

記事を読む

4860641345.09.LZZZZZZZ

瞬間英作文シリーズの始める順番と進め方について/おすすめの教材

日本語を即座に英訳するの繰り返すことで、頭の中で瞬時に英文をつくれるようになる「瞬間英作文」

記事を読む

medium_8097892376

単語を知っているだけでは音は聞きとれない リスニングに必要な2つの能力

「文字を見ながらなら聞き取れるけど、音声だけだと聞きとれない」 多くの人がこういった経

記事を読む

cafe

低価格で外国人と英会話をする3つの方法

英語を話せるようになるためにはアウトプットの量が重要となってきます。 いくら単語を知っ

記事を読む

medium_5771025070

英語をたくさん聞き流せば話せるようになるという大嘘

ネイティブの英語を何回も聞き流すだけで英語が身につくといったような広告や教材をよく見かけます

記事を読む

notebook

中学英語(文法)をやり直す人にオススメの参考書3冊

英語の勉強を中学英語からやり直したいと考えている人は多いです。 中学英語では英語の基本

記事を読む

medium_6074499552

英語初心者がやってはいけない、間違った3つの英語勉強法

日本には様々な英語勉強法が溢れています。 本屋に行けば必ず英語学習法に関する本を目にし

記事を読む

medium_2895159006

前置詞はイメージで覚えよう!前置詞をイラストで覚えられる記事まとめ

日本人にとって英語の前置詞は最も理解し難い文法事項ではないでしょうか。 日本語には前置

記事を読む

DMM英会話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

http, httpsは投稿できません。

DMM英会話

medium_6736940485
Kindle英語関連書籍が3/26までお得!講談社「スタートダッシュ!English!」キャンペーン!

現在AmazonのKIndleストアで講談社の英語関連書籍がお得になる

toeic-score
12月14日のTOEICテストの結果が本日(1/6)からWebで先行公開

12月14日に行われたTOEIC公開テストの結果がTOEIC

toeic-score
11月23日のTOEICテストの結果が本日(12/15)からWebで先行公開

11月23日に行われたTOEIC公開テストの結果がTOEIC

medium_6736940485
Kindleの新機能「Word Wise」で英語学習が捗る!

amazonの電子ブックリーダーの「Kindle」に新機能「Word

kindle
英語参考書を買うなら今がチャンス!Kindle年末年始セールが凄すぎる!

現在、amazonが「Kindle本 年末年始大のセール」を開

→もっと見る


  • follow us in feedly

PAGE TOP ↑